10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

「トイレトレーニングはいつから始めたの?」と聞かれても・・・

【スポンサーリンク】

「トイレトレーニングはいつから始めたの?」と聞かれても・・・

私の娘と息子、二人とも紙おむつから布パンツになったのは1歳の誕生日頃でした。

二人ともおしゃべりが早かったので、1歳になる頃にはちゃんとトイレを訴えてくれたので、思い切って布パンツを履かせていました!

f:id:mosataru:20190529002431p:plain

トイレっていいね

紙おむつ卒業が早いと、子育てサークルなどママ友には「トイレトレーニングはいつから始めたの?」とよく聞かれましたが、私としてはレーニングしたつもりは全くないんです。

でも、結果としてトレーニングになっていたようなので、これからトイレトレに直面する方への参考になるか分かりませんが、私の経験を紹介しますね。

 

私がズボラだったことが要因

振り返ってみると、二人の子供が1歳で紙おむつを卒業できたのは、小さい頃からトイレの習慣をつけたのが一番大きいと思います。

トイレの習慣をつけたといっても、ウンチを踏ん張り出したらトイレに走る!ただそれだけなんです(笑)

 

正直、お尻や紙おむつにべったりついたブツをお尻ふきなどで処理する行為が面倒くさかったんです。赤ちゃんって食事時に踏ん張り出すので、食事の場に似合わない匂いも嫌だったんです。

だから、食事中だろうが、何だろうが、踏ん張り出したら即トイレでしたね(笑)

両脇を持って走ると、赤ちゃんなりに分かるのか移動中にもらされた経験はなく、トイレまでちゃんとガマンできていましたよ!

トイレで出せたら、お尻ふきもいらないので、お尻ふきは手拭きになっていました。私のズボラが功を奏してトイレの習慣が早く身に付いたのかもしれません。

 

首が座った頃には回数もまとまってくると思うので、その頃からトイレに座らせていました。

 

新生児の頃よりマメなオムツ交換

子供たちが新生児の頃より、おむつが濡れるとチビリ泣きしていたので、そのタイミングで頻繁におむつは交換していましたね。

そのたびに「すっきりしたねー、トイレで出せると気持ちいいんだよー」などと声掛けもしていたのですが、伝わっていたのかな?

f:id:mosataru:20190529002220p:plain

トイレで出すと気持ちいい

私のトイレのタイミングで子供も

あとは、心がけたつもりはないですが、私がトイレに行きたいタイミングで一緒に連れて行ってました。出たり、出なかったりだったと思いますが、出なくても気にしていなかったので頑張った感は私にはないです。

子供の尿意は突然なので、外出時はトイレの場所は常に確認していましたね(笑)

 

赤ちゃんもトイレで出せます

トイレに座らせるのに補助便座があると便利です!

でも、外では都合よくないので、私が両脇を支えた状態をキープで済ませるのですが、これに慣れると補助便座も関係なくなり、どこでもOKになりますよ!

あとは、「おむつの中で排泄」となる前に「トイレで排泄」が当たり前の習慣にしてしまえばいいと思います。

 

知能が発達するとオムツに・・・

娘も息子も長距離の移動などは心配だったので紙おむつを併用していましたが、ずぼんの中を確認して「紙のパンツだからこのまま出していい?」と同じことをしていたので、子供なりに知能が発達すると紙おむつに出した方がトイレに走るより楽と認識できるのかもしれませんね(笑)

f:id:mosataru:20190529001844p:plain

トイレかもーん

 

保育園生活の中で学ぶ子も

息子が2歳になってすぐから保育園を利用していますが、園では毎日数回のトイレの時間があってみんなで小さなトイレで連ションしていましたので、周りを見て学ぶ子もいると思います。

親が頑張ろうと思っても、子供がその気にならないと進まないのでトイレトレーニング、トイレトレーニング、と意識しすぎてお子さんを追い込まないことも大切だと思います。

そのうち必ず紙おむつから卒業できるので、本人のやる気を待つか、私のように早期からトイレにダッシュするか、ママが楽な方でいいと思いますよ!

 

私は結果でみたらトイレトレをめちゃ早く終えたのですが、トレーニングしたつもりは本当にないですが、意外と早期のトイレトレだったようなので、参考になればと思いまとめました。

 

子供とママが楽しく進めるのが一番

トイレトレーニングは子供にとって精神的なものもあると思うので、「いつまでに」とか「いつから」とかは気にしなくてもいいと思います。

私もトイレトレの参考になればとブログにしましたが、やってきたことが正解とは思っていません。子供の数だけ正解があることだと思うので、ママが笑顔でできる方を選んでいけばそれが正解になるんだと思います。

 

いてぃやてぃん、なんくるないさ

(いつだって、なんとかなるの意味:沖縄方言より)