10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

さつま芋栽培は「植える」より「芋ほり」こそ、子供が喜ぶ食育行楽

【スポンサーリンク】

さつま芋栽培は「植える」より「収穫」の方が子供が喜ぶ食育行楽

5月といえば、多くの家庭菜園やプランターでさつま芋の植え付け時期ですよね。

娘の通う小学校でも、小学校の花壇にさつま芋の苗を植え付け、みんなで秋の収穫に向けて育てるそうです。

娘によると、苗を斜めに植えつけて水をやるだけの植え付けはテンションが上がらなかったそうです(笑)

さつま芋って、収穫の時が一番テンションあがりますもんね!

我が家では、娘の友達が毎年さつま芋の収穫体験にきてくれて、秋の味覚を収穫することで食育体験をしているんですよ。

f:id:mosataru:20190528215948j:plain

秋の味覚・さつま芋の収穫


シルクスイートが一番おすすめ品種

我が家でも毎年さつま芋を植えていますが、「シルクスイート」という品種のみ栽培しています。

数年間にわたり色々植えてみて、食べ比べした中で、多くの知人友人から支持を得たのがシルクスイートでした。

シルクスイートを知るまでは安納芋が一番だと思っていたのですが、我が家の畑では大きさや数が安定しなかったので、環境が合わないのかもしれません。

その点、シルクスイートは安定した収量と味なので、家庭菜園向きだと思います。

 

シルクスイートは繊維質がほとんどないので、赤ちゃんの離乳食の時に裏ごしいらずでとっても便利なんですよ。ネットリとした食感で、くどくない強い甘味、まるで「黄色いあんこ」かと思うほど(笑)

 

ここ数年はスーパーの焼き芋コーナーでもシルクスイートが増えてきましたので、気づかない間に食べているかもしれませんよ!

 

楽しい芋ほり体験

下の写真は昨年の収穫時のものです。

仲よくくっついて芋ほりしていると思ったら~

f:id:mosataru:20190528215753j:plain

二人で仲よく芋ほり中?

f:id:mosataru:20190528215815j:plain

奪い合いの最中でしたー



f:id:mosataru:20190528215906j:plain

勝者はお姉ちゃんだったようです!


こんなやり取りも微笑ましい姿で、収穫の思い出になると思います(笑)

小柄な姉でも、頭脳は2歳進んでいるようでした(笑)

 

さつま芋の保管

収穫したさつま芋は、数日間、天日に干す美味しいと義母に教わりました。

それから段ボールに入れて保管するのですが、寒いのが苦手なので、新聞紙と芋を交互に重ねて保管すれば春まで持ちますので、植え付けの頃でも美味しく食べられますよ!

 

収穫後の注意点としては、土を落とすために水で洗ってはダメってことです。保存性が落ちるので長期保存が微妙になるそうですので、食べる時に洗いましょう。

f:id:mosataru:20190528224350j:plain

11月に収穫したさつま芋です

今日は5/28ですが、まだ芽がでる気配もなく、バーベキューの残り炭などで焼き芋を楽しめていますが、残りが少なくなってきたので、ちょっと淋しい気もします。

 

収穫は食育の入り口

私はプランター栽培は未経験ですが、息子の通う幼稚園ではプランターでさつま芋栽培しているので、さつま芋は畑がない方でも始めやすい家庭菜園だと思います。

ぜひお子さんとさつま芋栽培にチャレンジして下さいね!自分で食べるものを育てるってとっても楽しいことなので、子供の時期にこそ体験してもらいたいです。

 

沖縄では芋の葉っぱを食べます

春に植えつけて、秋に収穫なのですが、沖縄では夏の野菜としてさつま芋の葉っぱをよく食べていました。

茎の部分はきんぴらなどに美味しいですが、手間のかかる茎ではなく、葉の部分だけを収穫してきて、ツナで炒めたり、お浸しにしたり、雑炊にしたり、ニンニク炒めしたりとクセがないので普通に野菜として食べていました。

GWに植えつけた苗が成長したら、食べ方やレシピをブログで紹介しようと思いますので、「さつま芋の葉」の食べ方が気になる方は、しばしお待ちください。

 

秋の行楽は芋ほりで決まり!

畑の環境がなくても、各地でさつま芋の収穫体験やイベントって結構あるので、このブログが「秋の行楽は芋ほり行ってみる?」と行楽の提案に繋がれば嬉しいです。

さつま芋の収穫は、芋から白い「乳」みたいな液がでて、服につくと落ちないので、汚れてもいい服装と軍手でお出かけ下さい。

あ~、秋が待ち遠しい(笑)

収穫体験は食育の入り口だと思うので、お互いどんどん計画しましょうね!

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)