10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

熱中症を経験してからは塩命! 塩が「甘い」と感じたら結構ヤバいです

【スポンサーリンク】

 

熱中症、自分は大丈夫の根拠は?

熱中症、この言葉を聞かない夏はないような気がします。

あなたは熱中症は、水分摂取を意識していえば大丈夫!」と思っていませんか?

私は2018年の夏まで思っていました(汗)

 

我が家は作物を育てているので、夏でも手入れが必要なんです。

暑さを警戒しながら、水分も意識していたのに、村祭りの夜に、熱中症になりました。

熱中症を身を持って知りました。

あの時は、本当に辛かったです。

f:id:mosataru:20190624221943j:plain

突然の熱中症、誰にでも・・・


所ジョージさんも毎年夏になると、自らの熱中症体験を語り「経口保水液」のCMに出演されていますよね。

(経口保水液は自宅で簡単に作れるので、最後にレシピを付けておきます)

あれを見ても、私は大丈夫!と根拠のない自信があったんです(笑)

熱中症は誰にでも起こり得ますが、対策することも可能だと言われています。

備えあれば憂いなし!です。

 

熱中症を経験してからは、私の意識が変わり「塩」を持つようになりました。

 

塩が「甘い」と感じたら結構ヤバいです

私が熱中症になった時、何も口にできなかったのですが、当時3歳の息子が作ってくれた「塩おむすび」は食べることができました。でも、しょっぱくなかったんです(汗)

息子が塩と砂糖を間違えて作ってくれたのだと思ったほどでした。

おにぎりに添えてあった「梅干し」も甘く感じたので、変だと思い主人に確認すると、ちゃんと塩味がしているとのこと・・・。

 

そう、おかしいのは私の味覚だったんです!

身体のミネラルバランスがおかしかったんです!

何を口にしても嘔吐していたのに、塩をなめてからは劇的に回復していきました。

それ以来、普段から塩を持ち歩くようにしています。

 

私のお気に入り塩

私のお気に入りは、沖縄の国際通りで買ってきた「花塩」という、結晶粒が大きい塩です。

f:id:mosataru:20190624221927j:plain

粒が大きく、甘味もありサクサクした食感!

 

沖縄に旅行で行った際はぜひ、国際通りにある塩屋(まーすやー)に行ってみて下さい。

沖縄に行けないけど、こだわりに塩を見つけたいかたは、今では通販ができたので便利だと思います。

本当に他では探せない「塩」が見つかるはずです。

 

www.shop-ma-suya.jp

 

とにかく、塩・塩・塩・・・、種類が豊富で楽しいです!

塩だけで勝負しているんですから、すごいと思います。

沖縄の店舗では試食もできますが、どれもこれも個性があって美味しいので、塩分取り過ぎ・食べ過ぎ注意状態になります(笑)

 

ちなみに、沖縄で塩の事を「まーす」といいます。

普段からお守りに入れたり、仏壇行事に使ったり、沖縄では塩は料理以外でも欠かせない存在なんです。

 

私の熱中症の症状パターン

熱中症にも色々な症状があるようですが、私の場合は頭痛と吐き気でした。

とにかく、だるくて、眠たくて、気持ち悪く、嘔吐が止まりませんでした。

普段から意識して水分摂取していたので、自分の異変はビールを飲んだことによる「悪酔い症状」かと思っていたほど・・・(汗)

夜から異変があったのですが、まさか熱中症だと思っていないので、病院へ行くなんて考えは全くありませんでした。

今思えば、怖いです。

 

皆さんは、ご自身やご家族が、動けないほどの症状、水分が取れない状態なら、迷わず病院へ行ってくださいね!

私も今後は行きます。

 

f:id:mosataru:20190625000448j:plain

気づけば「塩」がこんなにありました(笑)

 

熱中症の後遺症

私の場合は、嘔吐が治まり、飲食が普通にできるまでに3日かかりました。

頭痛は割と早くなくなりましたが、三半規管が狂うのかフワフワと揺れる感じが1週間ほど続きました。

 

身体のだるさも続き、子供の夏休み中なので寝ているわけにもいかず、辛かったです。

 

まとめ:熱中症対策は水分と塩

熱中症は対策できると思います。

まずは、水分補給が大切で、汗具合や状態によって、「塩」をお勧めします。

本来「塩」はしょっぱいはずなのに、甘いと感じたら危険信号点滅中だと思いますので、無理せず休みましょう!

そして、早めに経口保水液をゆっくり摂取して様子を見て下さい。

場合によっては、病院も視野に入れて下さいね!

 

水分補給の中味も大切で、普段からスポーツドリンクや経口保水液ばかりだと、塩分・糖分が過剰になりがちなので、ご注意ください。

 

経口保水液の作り方

この補水液は、小児科で教えてもらったのですが、作り方を覚えておくと、熱中症以外でも、嘔吐・下痢・高熱時にも使えますので、市販の経口保水液を買う必要はないと思います。

 

●水・・・・500ml

●塩・・・・1.5g

●砂糖・・・20g

 

上の材料をペットボトルに入れて混ぜるだけです。

小児科の先生は、点滴より効果があるので、まずは経口摂取が可能なら試すこと!と言っていました。

ガブガブのむ必要はなく、点滴のようにしずつでOKだそうです。

 

簡単なので、夏の間は冷蔵庫で冷やして常備しておくといいかもです。

手作りなので、なるべく早めに飲んで下さいね。

我が家では、朝起きた時に「おちょこ」程度に飲んでいます。

 

この補水液、身体の状態がいい時は、不思議と美味しくないんです(汗)

きっと、体が必要な時は普通に飲めるのかも!

美味しいもんじゃないです・・・。

でも、良薬マズしだと思えば大丈夫(笑)

 

熱中症は「自分は大丈夫」と甘く見ないで、対策して、今年の夏も乗り切りましょう!

梅雨時期から熱中症のリスクが高まるそうですので、お互い気を付けましょうね。

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)