10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

仕事を辞めたくなった時が辞め時!人生の選択肢は無限大

【スポンサーリンク】

最初に質問です!

今の仕事は天職ですか?楽しいですか?満足していますか?

 

答えは全て「いいえ」ですかね?「はい」なら今このブログには到達していないと思いますので、私が転職を決めてきた時のことをまとめています。背中を押して欲しい時に読んでもらえるといいかなと。

 

 

辞めたい時がその時

私は今までにバイトではなく、ちゃんとした企業人としての仕事を4回辞めています。全てテレビやイベント関係ですが、期間は1か月~3年半と様々です。

 

辞めたくなった理由を辞めた順に思い出してみると、最初の会社はCMを作る会社でしたが、お試しで入ってみて「絵」が書けないことに今更状態で気づき辞退しました。次は3年半という私の中で一番長く続きましたが、給料面でブラックだったので辞めました。今なら問題になるほどのブラックです。3番目は給料面も人間関係も恵まれましたが辞めました。最後は地元に戻り半年だけ契約して働き、更新せず辞めました。

 

同じ人間でも辞めたい理由は違うのですから、みんなそれぞれ違っていいと思います。一つだけ同じなのは「辞めたい」という気持ちかなと。

 

辞めたい理由がちゃんと自分の中で整理できたら、私は毎回「神様が移動を命じている。ここで私がやるべきことは終わった。さあ次へいくのだ」と自分に言い聞かせていました(笑)

 

辞める前に確保

辞めるのですから、当然収入は途絶えます。生活費の確保は重要で、最低でも3か月程度の生活の余力は確保しないと厳しくなると思います。なぜ3か月かというと、とりあえず、短期のバイトしながらしのげる期間だからです。当然貯金は多ければ多いほどいいと思いますが、私の2番目の会社のように時間も給料もブラックだと生活でカツカツだと思います。

 

超大手会社だったので、3年は頑張って知識とキャリアをつけると期限を決めていたので、乗り切れたと思います。出向先の人間観関係はよかったので、感謝しかないけど、本社の体制が無理でしたね。

 

失業保険が適用されるならキチンと利用しましょう。私は過去2回、もらいながら職探しをしました。

 

惜しまれながら辞めるために

私が退職を考える時に、毎回心がけたのは、要らない人材にならない事!惜しまれながら、いい人脈は残すこと!でした。簡単に仕事を抜けられるなら別ですが、最後まで全力で仕事はしましょう。良い印象を残すことで残したい人脈は残るはずです。要らない人脈、ストレスになる人脈なら申し訳ないけど断捨離でいいかなと。

 

本当に自分に必要な人脈なら、仕事を離れても繋がるご縁があると思います。そして、その時その時に、自分に必要な人脈って現れてくるものです。自分にとって心地いいありがたいご縁は大切にしましょう。

 

飛ぶ鳥あとを困らせず

実際に職場を去る時に、自分が抜けても困らないようにすることも大切なポイントです。以前「やめた後のことは知らん」的に、後任者や会社に足跡を残さない先輩がいてとても困った経験をしたので、ダメだと思いましたね。

 

どうせなら、「これだけたくさんの仕事をこなしていたのね、しかも困らないようにしてくれている」って思ってもらったほうがいい印象になるものです。飛び立つ前にお世話になった会社や仲間が困らないようにしましょう。

 

全ては経験に

私は、自分の人生振り返り、誰もが知っている会社でのお仕事が多かったですが、辞めたことは後悔していません。むしろ、自分という人間を見つめることで強くなれたとさえ感じます。

 

仕事って始める時より、辞める時の方が体力も気力も勇気も消耗しますので、心を決めたら自信を持って進んでみてもいいと思います。私はこれで何とかなってきました。自己責任の範囲なので仕事を辞めて下さいというつもりはありません。

 

続けるも辞めるも全ては経験としての財産になることは確かです。自分の人生なので自分で感じた本能のままに選択してもいいと思います。違和感を感じた時に方向修正すればいいと思います。

 

人選の選択肢は無限大!誰も自分の将来は分かりません。わからないからこそ自分の時間は大切に使いましょう。選択肢が無限大なら、楽しいイメージで臨みましょう。こだわるポイント、こだわらなくていいポイントを見極めた先に、お互い望む姿があるといいですね。

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)