10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

小学校プログラミング対策の要は「考える力と発想力」を鍛えること

【スポンサーリンク】

 

プログラミング必修化

私の娘は2020年に小学生になりました。

入学式に校長先生が「今年から授業にプログラミングという科目が必修化になり、我々教師も学んでおります・・・。」とおっしゃっているのを聞いて、国が決めたた事とはいえ専門家でもない先生たちは大変だなーと聞き流していました。

そもそも私がブログを始めてみようと思ったのは新しく始まるプログラミングを意識したことで「親は興味ないけど、今の子供は必須だから学校で学んでおいで!」とは言えないな、と思ったからです。

娘の小学校入学を機に苦手だったパソコンで自分にできる事を学んでみようと決めたのです。

f:id:mosataru:20190429223028j:image

 

でも、この新しい教科、調べても調べても学校で学ぶプログラミング」って結局何やねーん?ってはっきりしないんです。

そもそも、国の発表している学習指導要領の「プログラミング的思考を育てる」もなんて曖昧なのーーーーって思ってしまいます。

新しい科目なので手さぐりなのかな・・・。

 

プログラミングの習い事がブームです

多くの親が「プログラミング教育」に関する習い事させるべきか?迷うところだと思います。

私も娘にとって必須授業なら、なるべく早くから取り組んだ方がいいのでは?と思いアプリや教材、本、おもちゃ、教室など調べてみました。

実際にアプリやゲームをれるようになる習い事もあったり、おもちゃなどを通して作る発想を磨くものもありました。

まだまだ指導内容も漠然とした新しい教科なだけに、習い事を手掛けている会社では色々な謳い文句で募集をかけていますよね。

広告や募集を見ていると、やらないと乗り遅れてしまうのではないか?と不安になるほどです。

迷いに迷い、我が家はどこにも通わず、教材も買わないことにしました。

 

親子で「考える力と発想力」をレーニン

何の教材を買わないからといって、何もしないわけではないですよ!

プログラムを組み立てるための技術は当然後々必要だと思いますが、技術より先に、まずは自分が考えた何かを形にするために、指令を出して形にするためにプログラムが必要なら、自分が何をしたいか?の根幹を考える癖を身につけさせたいと思ったのです。

 

私はこの約2か月ほどブログを試行錯誤しながら更新する中で、娘にスマホで写真を撮影してもらったり、ブログの内容を一緒に考えてもらっているのですが、

・このデザインはお花がいい、

・このマークはこれにしよう!

・ここをこうしよう!

など色々注文をつけてくるのです(汗)、まだまだブログ初心者の母は娘の指示に技術が伴わず・・・。

でも、ふと気づけばこのやり取りって、自分のやりたいことを娘が私に指示しているじゃないですか!!!

なーんだ、教室や教材いらないじゃん!と思えたのです。

 

わずか2か月でも、子供でも意識がつくようで、最近は娘が「こんなレシピ考えたんだけどブログにする?絵を書いてみる?」など、ブログを意識したことを言うようになりました。

 

塗り絵が好きな娘に主人がタブレットを渡すと、教えてもないのに数日の間に、色塗りや切り取りなどいつの間にか自在に操っているんです。

しかも、いつの間に見つけたのかミニオンダッシュとかゲームもやってるし・・・。

文字が分からなくても色々できるようです。

 この日常がもうプログラミングの領域なのだと思います。

 

これからはITやAIの時代

スマホに、ロボットに、電子マネー、驚くほどITに囲まれて生活していますよね。

子供たちが通う幼稚園、小学校、子供会、サークルとほとんどの連絡はラインかメールで送られてきます。私の子供の頃なら用紙だったので、今は情報のスピードや便利さが全然違いますので、時代の流れを実感します。

 

私は嫁いだ家が先祖代々の農地が広いので、トラクターやコンバインなど大型の農機具を所有していますが、たまに展示会に行くと農機具も無人化でしているんですよ!

確かに農業は担い手不足だし、無人化の大型機械はかっこいいなーと思いますが、個人の農家が簡単に買い換えられるお値段ではないので、みーてーるーだーけーです。

買える方がうらやましい・・・。

展示会で会う方もほどんど義父と同世代に見えるので、農業従事者は70~80代が多いと言われているのが納得しますよ、40代の私でも若い扱いですからね(笑)

 

話が農業に脱線してる・・・、すみません、農業が好きすぎてついつい脱線してしまうんです(汗)

何が言いたいかと言うと、この無人化の農業機械も考えた人がいて、現場に合った操作をプログラム指示する人がいるということです。

 

行うのは機械かもしれませんが、プログラムを組み立てたり、仕組みを考えたり、指示したり、そもそも世の中になかったものを考えだしたりするのって、全て「なんですよね!

 

料理の刺激がプログラミングにもつながる

世の中に存在する全ては最初に考えた誰かがいるはずです。

どの経験が子供の将来に花開く「発想」となるか誰にも分からないこと。五感を刺激して潜在的に落とし込むには、特別なツールを購入しなくても、親子で一緒の共感時間を積み重ねることで可能ではないか?と私は考えています。

 

私は五感の刺激を意識して、子供たちには2歳から料理の実践をさせています。

今に思えば、料理って、メニューも自分次第で工程や組み合わせを変える事ができるし、何もない所から完成まで持っていくことができて、途中で器具もつかったり、複合的ですよね。

「自分で考える」というトレーニングにはとても適しているように思えます。

 

技術の前に考える力と発想力を

プログラミングはまだ始まったばかりの新しい教科なので、私の娘が授業を受けるころには今と大きく変化してると思いますが、自分の想いや考えを伝える能力、問題解決を考える発想力など、時代が変わっても必要とされることは変わらないと思います。

 

私は、結婚するまでスポーツの中継や情報報道番組のディレクターをしていました。取材などでは自分でデジカメを回して撮影したり、プロのカメラマンさんが撮影してくれましたが、私は編集は全くできませんでした。機械が苦手だったのです。

自分で編集できなくても「ここからここまでを、こんな感じでこんな風に編集して下さい」とお願いすれば、プロの編集マンが想いを形にしてくれました。

 

プログラミングも同じではないか?感じています。

自分でプログラミングができるのが一番ですが、できなくてもプログラミングのプロはきっとたくさん存在するはずです。

そのプロの方と手を組めば、将来自分が考えることが形にすることはできると思います。

我が子がどのような道に進むか未知数ですが、どの職種を選ぶにしても「考える力」と「発想力」は必ず必要になるので、問題が起きても何とかする発想力と行動力を身に着けて成長してほしいと母は願います。

子育ての難しいところは結果がでるまでに時間がかかるという事。

私も微力ながら、子供たちと一緒に考える癖を磨きたいと思います。

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)