10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

タコ料理三昧!タコの下処理と3種のタコ料理

【スポンサーリンク】

 

一族で添い寝中!

もう、写真だけでインパクトありすぎです!

f:id:mosataru:20190402215423j:image
私の実家、沖縄から届いた可愛いサイズのタコ6匹!

もう、娘も息子も大興奮で、しばらく楽しめましたよ(笑)

f:id:mosataru:20190402220310j:image

姿があるタコを見ることがないので、今日は子供たちに生のタコの下処理体験してもらいました。                                            

 

下処理方法

スプーン一杯程度の塩でモミモミします。f:id:mosataru:20190402220755j:image

出来るだけ新鮮な間に、この作業をするとヌメリとクサミが取れます。水でヌメリを流してから冷凍保存したり、調理すると生臭くなくて美味しいんです。

 

バーベキューでイカやタコを焼くときも塩でもんでヌメリを取ると、臭くないし、ほんのり塩味がついて美味しくなるので、覚えておくと便利な下処理方法だと思います。

 

お魚の場合は、エラ内臓を取り除いてから塩を振ってしばらくすると、にごった水分がでてくるので洗いながして調理して下さい。

スーパーで買う魚が生臭いのは、3つの処理ができていないからだと私は思っています。

 

今も島に生きる海人(ウミンチュ)のやり方は、スーパーでの魚介を美味しく食べる一手間の参考になるはずです。

冷凍期間が長くても、島から届く下処理された魚介類は全然臭くないんですよ!

今回のタコも子供に下処理方法を教えるために塩揉みさせまさしたが、実際は冷凍前に母が処理していたので、ヌメリは一切でませんでした。

 

タコ解体ショー

f:id:mosataru:20190402222246j:image

目と反対側に指が入る部分があるので、指を入れて頭をひっくり返します。


f:id:mosataru:20190402222410j:image

f:id:mosataru:20190402222746j:image

内臓を取り除きます。

新鮮ならこの部分は墨やワタになるので、頭付でボイルすると珍味的美味しさなんですが、今回は子供に見せるために取り除きました。


f:id:mosataru:20190402222841j:image

黒く見える部分に包丁で切り目を入れて、タコの歯も取り除きました。

食べるときに取り出さなくてよくなるし、簡単なので取りましょう!

 

下処理はこんな感じです。

あとは、料理に合わせて切ってください。

 

バーベキューでは丸い頭を開いて竹串に刺すと、主役級の存在に!

醤油が焦げる屋台の味が再現できるはずです。

 

タコ料理①蒸し焼き

私の地元では一番シンプルで定番の食べ方です。

フライパンの中火で蓋をして蒸し焼きにするだけです。超簡単でしょ!

今回は小さなタコだったので約3分くらい焼きました。

f:id:mosataru:20190402224331j:image

f:id:mosataru:20190402224357j:image

この料理は娘が担当したのですが、色が赤に変わり、足がクリンとなる様子が見たいと蓋はしなかったですが、蓋なしでもできるようです。

水分は少しで(1cm程度)、焼き上がり目安は色が赤に変わればオッケーです。

入れ歯のおじいちゃんも「柔らかい」と言って食べてくれました!

 

タコ料理②プレス焼き

この料理も娘が担当しました。

小麦粉をまぶしてプレス機で挟み、ほんのり中火で焼きます。水分が反応するのか「キュー、ピュー」とタコがしゃべってました(笑) 


f:id:mosataru:20190402225610j:image
f:id:mosataru:20190402225704j:image

この調理も柔らかくて美味しくて、じいちゃんとばあちゃんの入れ歯でも「柔らかくて美味しい」と言ってもらえました。

この調理は、スーパーでたまに見かける催事販売のイカ焼きの、醤油が焦げる香ばしい匂いでした。匂いだけでビールをフライングできそうでした。

 

タコ料理③たこ焼き

このたこ焼きにも宇宙芋が使ってあるので、フワカリな感じです。

たこ焼きは息子とばーばが担当しました。

ちょっと焦げぎみだったけど、美味しかったです。


f:id:mosataru:20190403101102j:image

 

下の写真は、たこ焼きの生地をプレス器で焼くとどうなる?と興味が湧いてためしたのですが、ん~、微妙・・・。

味はたこ焼きと同じなので美味しいのですが、この作りかただけタコがとっても固くなってしまし、食べにくかったです。

プレス器でタコだけ焼いた場合はとっても柔らかいのにどうして固いのか不思議!
f:id:mosataru:20190403102800j:image

 

パスタのペペロンチーニ、パエリア、タコ飯、色々な料理レシピがありますが、意外と簡単にたこ料理ってできるので、下処理をしてから楽しんでくださいね!

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)