10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

海洋プラスチックごみ 紙ストローレベルでは絶対に問題解決しない

【スポンサーリンク】

海洋プラスチックごみ問題

誰が捨てたゴミなんでしょうか?
誰が作った商品なんでしょうか?

私が住んでいた頃、沖縄では、「気球はゴミ箱か?」とポイ捨て禁止のCMが流れていました。
確か、たばこのポイ捨てだったと思います。

f:id:mosataru:20190914220035j:plainf:id:mosataru:20190914220045j:plainf:id:mosataru:20190914220024j:plain
打ち上げられた海洋ごみ

この写真の砂浜は、ウミガメの産卵する浜辺なんです。

環境ニュースで度々耳にするようになった海洋ごみ問題・・・
海に面して生活しないと実態はわからないでしょうが、大変なことになっています。
今日の私は、思い出しただけで、大好きな海の異変に不安が襲ってきます。

この夏、久々の里帰りで故郷の砂浜を見て、本当にショックでした。
30年以上前、私の子供のころから台風前後や大潮の時期になると海洋ごみは砂浜に届いていました。
当時はほとんどがハングル文字のような外国製でした。

でも、今年は明らかに日本製が多かったんです。

ゴミの処理は誰がやるの?

聞けば、夏休みに合わせて観光客も増えるからと島民の方々でマメに掃除をしているそうです。
そして、この写真は掃除から2日後の状態・・・
ゴミを拾うだけでも重労働、処分するにもお金がかかります。
なんだか、悲しいやら、もどかしいやら、憤りすら感じます。

プラスチック以外に、ビンが流れ着くことも多く、割れてしまって本当に危険!
シーグラスになればキレイですが、その前に危険です。

絶対になくならないと思う

私の直感的としては、30年前から悪化しているのに、今更よくなるとは思えません。沖縄のキレイな海の悲しい現状かと思い、記録写真に撮りました。

確かに一人ひとりが変われば・・・、的な考えも大事です。
でも、実際海から離れて生活していると、どうしても他人事かと。

都会でも、意識して目を向けると道路や畑にゴミ落ちてますよね?
そのゴミが河川を通じて海に旅立つのだと思います。

紙のストローでは解決しない

息子が幼稚園でエコ活動の講座を受けたらしく、紙のストローを持ち帰りました。

f:id:mosataru:20190914220003j:plain
紙のストロー

使ってみると、結構しっかりしていました。
プラスチックの代替になっていると思います。

でも、よーく考えると、便利だけどストローって必要ですかね?
私はなくても困らない商品かと思います。(ストローメーカーさんごめんなさい)

本気で海洋ごみ問題を解決したいなら、ストローレベルでは絶対に解決しないと思います。私も含めて、お偉い政治家の皆さんも、便利な生活をやめられない以上、海洋問題は悪化し続けるはずです。

私は環境問題の専門家ではないので、改善方法や分析的な難しいことは分かりません!
でも、大好きな海を見てきました。
だからこそ、感覚的な直感で「世界的問題となっている海洋問題は解決しない」と思っています。

諦め半分、望み少し

海洋問題は解決しないと諦め半分、でも、世界的に極端な規制のおかげで改善・・・、なーんて望みを少しは残したいと思います。
世界中の人間が、自分の行動が回りまわって、良いことも悪いことも、遠くにまで影響しているという気持ちがあれば、もしかしたら変わることができるかもしれません。

私は、現在、化学肥料や農薬に頼らない農業をすることで、目に見えぬ微生物の話にも関心があります。
海とて同じかと。
人間だけが地球の生き物ではないんですから・・・。

どうしようもないんでしょうかね、ん~、難しい問題です。

ニフェーデービル
(沖縄でありがとうの意味)