10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

りんご人参ジュースの作り方、ミキサー使用で2品のメニューが同時に完成

【スポンサーリンク】

 

りんご人参ジュースの作り方、ミキサー使用で2品のメニューが同時に完成

まずは完成した写真からご覧ください!

子供たちと可愛く、楽しく、あっという間にできるのでおススメの料理だと思います。


f:id:mosataru:20190301192323j:image

 

子供たちとハマっているのが冷蔵庫にあるもので作る手作りジュースなんです。

今回は、りんごと人参を無糖の食べるヨーグルトでミキシングしました。

いつもは、ジューサーを使うことが多いけど、バナナシェイクやイチゴシェイクを作ったら子どもたちにシェイクブームが来てしまい・・・、人参も試してみました。

 

結果発表!

写真でわかるように、結果は大人の想像通り、飲むというよりスプーンで食べるペーストみたいです(笑)

 味は人参を丸ごといれたけど、めちゃめちゃ美味しいです!!

 

砂糖不使用なのに甘い

子供たちと手作りのジュースを作るようになって、砂糖入れたのか?と思うほど手作りのジュースが美味しいことに感激しています。市販のパックジュースはもう飲めなくなりそうなほど・・・

今回はヨーグルトも入れたので少し酸味も加わり、さっぱりとした味でした。

りんごを入れることで砂糖不使用でも甘くておいしくなります。

 

ジューサーvsミキサー

結論からいうと、味的にはどちらでも美味しかったです(笑)

ただ、ミキサーは繊維も全部残るので食感はドロドロ(汗)・・・

 

今回は子どもたちの分は濾して、残りカスを雪だるまサラダにすると「可愛い♡」とペロッと完食してくれました。

使い方によっては、雪だるまのように繊維も食べてもらえると考慮すると、ジューサーもミキサーも両方ありかと思います。

母としては子供が楽しく食べてくれるが一番なんですから。

 

無農薬野菜で作りましょう

人参以外にもジュースに使う野菜や果物は、できるだけ無農薬を選ぶと皮も丸ごと摂取できます!

我が家の人参は子供たちが自分で植えた「サラダ人参」でジュースにしています。

このサラダ人参は生で食べても甘くてポリポリと歯ごたえもあるので、植え付け予定のある方は、サラダで食べられる品種を選ぶと料理の幅が広がると思います。

 

人参は葉っぱも美味しい

我が家の子供たちは人参の葉っぱが大好きです。

栽培したことがなければ、スーパーの人参は収穫時に葉っぱを切るので見たことがないかもしれませんが、もし、葉っぱ付き人参を産直市場などで見つけた場合は「買い」だと思います。新鮮じゃないと葉っぱ付なんて販売しないと思いますので、おすすめです。

見た目はパセリのような感じです。

 

人参の葉食べ方

どうやって食べるかというと、まずはきれいに洗います。

 

一つ目の食べ方はチヂミにします。一番固い茎は使わず、あとの細い茎は葉の部分と一緒にザクザク切ります。味はツナ缶だけで十分なので、片栗粉(小麦粉)とお好みで卵を混ぜて焼きます。焼いた後にマヨやポン酢を付けるとさらに美味しいです。

 

もう一つの食べ方は、てんぷらです。

てんぷらはヨモギの葉っぱをてんぷらにする感じで、茎ごとあげます。難しく考えずに、油であげちゃって下さい。

我が家の子供たちはこのてんぷらが一番好きな食べ方です。

サクサクいい音で食べるんですよー。

 

子供たちにとって「人参は嫌いな食材」ではなく、人参の美味しい引き出す調理法を探して、何でも食べられる人間になってほしいと思います。

 

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)