10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

ハロウィン100均フェルトで作る簡単ガーランド 幼児~低学年向け

【スポンサーリンク】

 

ハロウィン・ガーランド

夏休みが終わると100均売り場は、すっかりハロウィン🎃

ハロウィンは日本のイベントではないので、私の中ではあまりピンとこないけど、子供たちにはクリスマスに並ぶ立派なイベントのようです。

何のお祭りか?聞かれたら答えられない(汗)

 

週末に子供たちとガーランド作りをしたので、簡単に紹介です。

 

100均の材料を使う

今回の材料は全て100均で揃います。

★オレンジ色・黒色フェルト

★木工用ボンド

★ひも(買わなくても可)

 

これだけあればガーランドが作れます。

作り方は、切る、ボンドで付ける、飾る、とめちゃ簡単なので、細かい作り方は省きます。写真をご覧ください。

f:id:mosataru:20191009125756j:plain

f:id:mosataru:20191009125746j:plain

100均フェルトで作る ハロウィン飾り

ガーランドは、安全ピンをつければカバンや帽子に付ける飾りにもなります🎃

マントは、家にあった布を利用し、安全ピンでつなげてます。黒いフェルトでも作れます。

 

幼児~低学年向け工作

このガーランド作りは、ハサミで切って、木工用ボンドでくっつけるだけなので、割と小さいお子さんでも作れると思います。

7歳の娘はお化けの口を細かく✂切ることができましたが、4歳の息子はできなかったので簡単な切り方になっています。

 

我が家は大きいジャックオーランタンを作った残りで、ガーランドを作ったので、小さめになりましたが、工作作業はとても楽しかったです!

 

完成したら、何だか満足してハロウィンが終わった気分です(笑)

 

f:id:mosataru:20191009125729j:plain

風船でハロウィン気分を演出

100均にオレンジ色の風船があれば、風船に絵を書くのもありだと思います。

この風船は絵が書いてあったので、そのまま使用。

 

10月は弁当もハロウィン

10月って意外に遠足や運動会など、お弁当の機会が多いので、おにぎりでもハロウィンを演出できます。海苔を切るだけなので、デコ弁が作れないママでも、割と簡単に挑戦できると思います。

 

お弁当以外にも、夕食のカレーやから揚げの時にお化けやカボチャをお皿に乗せると、毎日がハッピーハロウィン★

我が家の子供たちは、食が細いけど、見た目が変わると食らいつくので、小さいお子さんがいる家庭では、10月中は使えるネタですね(笑)

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)