10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

消防車 子供向けイベント・愛知県の消防出初式、水陸両用車とパチリ

【スポンサーリンク】

 

消防車好きな子供向け

スマホの写真をまとめていると、今年の正月の消防出初式の写真がでてきたので、紹介します。

私が見に行ったのは、愛知県豊田市にある豊田スタジアムでの消防出初式です。

 

f:id:mosataru:20191007132650j:plain

2019年出初式

このパンフレットは、子供が幼稚園から持ち帰ったものです。

南国生まれの私は、とにかく寒いのが苦手なので、正月はコタツ虫になりたいので、パンフを見せられた、この時点で全く行く気はなかったです(笑)

 

でも、息子は招待チケットだと思い込み・・・、結局行く羽目に。。。

はじめは渋々だった私も、北風にのりテンションアップ!行ってよかったと思うし、毎年「出初式」は我が家の恒例行事になりそうです(笑)

 

出初式への持ち物

まず、豊田スタジアム矢作川から吹き上げる風は半端ないので、カイロ持参で、温かくしてお出かけ下さい。

基本的に外でのイベントなので、やばい寒さでした。

 

出店数はそんなになかったですが飲食屋台もあり、お祭りの雰囲気なので、お弁当などはなくても大丈夫!食べる場所はストーブが設置したテントも利用できますが、それでも寒いです(笑)

 

ブログを意識していない時期だったので、写真がないのですが、我が家はココイチのカレーと五平餅を食べました。

 

体験ブース

親子で楽しめる体験ブースが多く用意されています。

各ブースで景品がもらえて、乾パンなど防災食など豪華な参加賞もあって、得した気分も味わえます。

地震体験車

★火事の煙の中体験

★水陸両用車で写真撮影

★消防士コスプレ

ラグビートライ(w杯のプレイベント)

★工作

f:id:mosataru:20191007132711j:plain

水陸両用車と記念写真

 

目の前にすると、水陸両用車の大きさは迫力がありました!息子は次に乗る人が来るまで、何度も何度もお兄さんたちに乗せてもらい、水陸両用車を独占状態でした。動かなくても満足な迫力なので、消防車や働く車が好きな子供たちには、たまらない一日だと思いますよ。

 

お兄さんたちに「将来消防士になるか?」と聞かれて、「田んぼでトラクターに乗るから消防隊員にはならない!」と答えていました(笑)

 

 

はしご車乗るなら早めに!

行列ができていたのは、オープニングセレモニーの配布が始まる「はしご車整理券」だけだと思います。それ以外は並んでも5分程度だったので、大したことないかと。

 

我が家もはしご車に乗せたかったのですが、すでに長蛇の列だったので、諦めて、それ以外を楽しみましたが、結局9:30~14時までのイベントを最後の最後まで滞在しても全部は体験できませんでした。

 

来年の豊田スタジアム出初式も、雨以外なら参加したいほど楽しかったのでブログにしました。計画の参考になれば幸いです。

 

消防車の種類がいっぱい

このイベントで私が一番驚いたのは、息子の発言!指揮者消防車、照明電源車、ポンプ車、化学処理車・・・など車に合わせて紹介してくれて、私が初めて聞く名前の車が続々と目の前を通過していきました。

 

消防車に種類があるなんて、その時まで気にもしていなかったので、「すごーい!」を連発(笑)完全なる親ばかだったはず(汗)

 

色々な消防車のおかげで、隊員さんのおかげで世の中の安全が守られていると思うと、感謝でした。寒いから家からでたくない!なんて言わずに、毎年イベントを盛り上げるためにも参加して楽しんできたいと思います。

 

豊田市まで遠いって方は、それぞれの地域でも消防出初式があると思います。地元の消防サイトで確認してみてください。

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)