10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

幼稚園でキャラ弁が禁止、どこまでがキャラ弁になるのかな?

【スポンサーリンク】

子供を持つ母なら、子供がテンション上がるお弁当を持たせたと一度は考えたことがあると思います。私も100円ショップを利用しつつ、ネット検索しつつ頑張っています。

 

そんな中ツイッターでとっても素晴らしいキャラ弁を作られているkamekoさんの写真を見て、クオリティの高さに子供たちと大興奮!と同時に、幼稚園でのキャラ弁廃止を知り、モヤモヤした気持ちに・・・。キャラ弁廃止に対する私の個人的に意見をまとめています。

 

kamekoさんの作品集、キャラ弁のイメージをお探しならめちゃめちゃ参考になると思いますよ。

 

 

キャラ弁は五感フル活用

キャラ弁って、感覚とセンスをフル活用しないと作れない「作品」だと思います。子供だって蓋をあける楽しみ、作る楽しみ、考える楽しみ、学べることは多いはずです。

 

キャラ弁って、普段の食卓も楽しく彩る発想につながることが多いので、自然と親子での食育につながると私は考えているんです。

 

キャラ弁廃止は誰のため?

キャラ弁廃止で検索すると、衛生面やバランス面、イジメにつながるとかネガティブな意見が出てくることに驚きでした。私的にはお弁当の日は、給食ではない「イベント」的な一日って認識でいたので、キャラ弁はアリだと思っていました。

 

キャラ弁廃止に至る基準はどこにあるのでしょうか?幼稚園としても「廃止」を発表するにあたり決断に困ったことでしょう。その前に、キャラ弁ってどこまでを指すのでしょうかね?私は海苔で簡単にハロウィンを切るだけ程度しかできないけど、その程度もNGですかね?

 

ワンポイントなど、季節的なお弁当くらいはいいじゃん!って思ってしまいますが。キャラ弁が作れない私には、うらやましい技術なので、「今度はどんなお弁当?」と見るのが楽しみになるけどな・・・。廃止は残念な気がします。

 

手作りを知らない子供

弁当から話がそれますが、今は朝ごはんを食べない子供も増えているんです。私の聞いている沖縄の保育園でも、早朝保育の子供は朝食としておにぎりと牛乳を出しているそうです。

 

私はお米を栽培から販売していますが、その中で「お米はレトルトや総菜があるので家で炊かない」と言っている方もいるので、手作りする家庭が減っているのかもしれません。

 

私は、子供とキッチン育児を実践していてブログにしているので、手作りの楽しさを知らないままってことが、切なく感じます。確かに今の便利な世の中は自分で作らなくても食事に困ることはないと思いますが、料理って五感をフル活用できる素晴らし習い事だと思っています。色々な考え方があるので、キッチン育児を押し付けるつもりは全くありませんが、共感できる方々とレシピなどシェアしていけたらそれでいいかなと。

 

子供は親を見ている

子供って、ちゃんと親を見ているので、親が楽しそうに料理してると子供も「やりたーい」と手伝うようになると思います。プロスポーツ選手の子供もまたプロを目指すのは、小さい頃から親の背中を見ていることが大きいと思います。

 

親が楽しめて、子供を巻き込めるなら料理じゃなくてもいいと思いますが、料理は生きるために必要不可欠なことなので、何より必要な教育だと思っています。

 

子供はいずれ成長するので、いつ独立してもいいように自炊できる知識は必要だと思います。身体は食べたものでできていることを知ることは大切ですものね。我が家の目標は「10歳からは一人で食事の用意を任せられる」をテーマに、遊び感覚も入れつつ、火や刃物の怖さと便利さなどを伝えています。料理は立派な習い事です!

 

www.mosataru.com

 

できる家庭はできる

キャラ弁廃止がこれから先、じわじわ広がるような気がしますが、幼稚園や学校にキャラ弁持って行けなくても、できる家庭は「食を楽しむ」ことをやめるわけではないと思うので、ぜひキャラ弁アートを発信し続けてほしいです。

 

私は自分がキャラ弁作れないので、弁当屋さんでキャラ弁があったら行楽の時に注文したいくらいです。しかも手作りだと話題になるんじゃないかな?

 

たとえキャラ弁じゃなくても、ママが楽しそうにお弁当や料理していたら、その想いや楽しさは必ず子供に届いていると思いますよ!

 

お弁当の蓋を開けた時の笑顔を想像して・・・。

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)