10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

セントレア空港 子連れランチは「座敷」が穴場の名古屋メシ

【スポンサーリンク】

子連れの名古屋メシの「穴場」

セントレア空港は、私的には大き過ぎず、小さすぎず、お店も凝縮して立ち並んでいるので、大好きな空港なんです。

子連れだと、動き回るのも大変なので、予めHPで決めておくことも、快適な空港の旅になると思いますので、リンクしておきますね。

www.centrair.jp


乳幼児連れの外食って、なかなか気を使うもの。
急に空腹を訴えるし、待ち時間に飽きちゃうし、ぐずられると焦りますよね。

今日は、我が家が穴場として利用しているお店をご紹介します!
あくまで、小さい子供連れにおススメという感じなので、本格的に名古屋メシを求める場合は、有名店がたくさんありますので、探してみるのも楽しいと思います。

穴場のお店は、座敷のある「お食事処・風々茶屋」です。

展望露天風呂とお店の入り口が同じなので、一見、分かりにくいかもしれません。
でも、分かりにくいからこそ、混雑時期の食事時簡単に入れることが多いかと。

f:id:mosataru:20190825235757j:plainf:id:mosataru:20190825235731j:plain
ひつまぶしときし麺のセット

上は今年子供たちが頼んだ「お子様セット」
下は私が頼んだ「きし麺・ひつまぶし」定食です。

味は、普通に美味しいです(笑)
お値段は、空港価格って感じです(汗)

座敷なので、靴を脱いでゆっくりできるのが、穴場的オススメなポイントかな。

辛口の意見を言わせていただけるなら、食券を購入する形式なのですが、いつ行っても、券売機前でマゴマゴしているご年配の方に遭遇するのですが、店員さんのフォローは見かけません。

慣れないお客さんの雰囲気を感じたら、教えてあげてほしいなーと思ってしまします。


ともあれ、特に乳幼児連れの場合、座敷ってだけで高ポイントかと(笑)
しかも、メニューもきし麺セットなど子供と取り分けしやすいメニューが多いのも、うれしいですよね。

このお店、食事を終えて出てきた後に、目の前にえびせんの里の試食がたくさん並んでいるので、うちの子たちは軽いけどかさばる「えびせんべいを試食して買ってしまうという例年のルーティーン・・・。

お腹に余裕がなくても、えびせんの里は外せないお土産屋さんだと思います!

残り物には福があるお店

子連れだと、そもそもお店にちゃんと入らないパターンも考えられると思いますが、そんな時におススメなのが、
テイクアウト専門店の「柿安柿次郎」です。

f:id:mosataru:20190825235724j:plain
お惣菜が美味しい柿安柿次郎

夕方以降の便を利用される方は、一度お店を除いてみて下さい。
売り切るための割引が時間とともに・・・(笑)
でも、粘り過ぎると本当に売り切れてしまします。

柿安グループは、牛肉の商品が美味しいと有名ですが、私はこのお店の「わらび餅」が大好きです。
おはぎも品のいい甘さで美味しいです。

このブログを書いていて、今気づきました!
わらび餅とおはぎが好きというより、私、このお店の「きな粉」が好きです(笑)

運がよければ、ご飯、おかず、デザートと定食状態で、しかも安く揃うので、まさに「残り物には福がある」状態!

作りたての熱々じゃないのが残念なのですが、十分美味しいので、こまごま購入して食べ比べるのも楽しいと思います。

テイクアウト専門店のすぐ目の前には、飲食ができるテーブルセットがたくさんありますので、レストランに入らない場合や、食べたいものがみんなバラバラ・・・、って時に使える方法かと。

他にも美味しい名古屋メシ

今回、紹介しなかったお店にも、

◎小ぶりサイズの天むす屋「千寿」、
◎辛さをリクエストできる「手羽先の山ちゃん」
◎機内持ち込みにも「味噌カツサンド」

など、ほんと色々ありすぎて、ランク付けできないほどです。
数ある名古屋メシの中から、選ばれて出店しているので、どの名古屋メシも美味しいです!

私もまだ入ったことがないお店もいくつかありますが、子供の成長と共に、入れるお店の増えるので、セントレアは行く度に楽しいです。

今日は、乳幼児連れでも入りやすい、「穴場」のお店の内容でしたが、
名古屋メシといえば、「辛い」シリーズなども揃っていますので、いつか食べ比べして、記事にできたらと思います。


ニフェーデービル
(沖縄でありがとうの意味)