10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

「玄米」+「玄麦」=「もちプチ」、お口の中で新食感はじけます

【スポンサーリンク】

 

「玄米」+「玄麦」=「楽しい食感」

寝かせ玄米を毎日食べている方に、新しい組み合わせのご提案です!

それは、玄米と玄麦を混ぜて炊飯することです。

 

あー、なんだそんなことかぁ、なんて思ったあなた、本当に美味しいので一度試して欲しいです。

ただ、玄麦って一般に販売していないので、家庭菜園で作るか、通販で購入するしか方法はないと思いますが、入手できたら「ハマる食感」を味わうことができます。

 

無農薬・無化学肥料で栽培した「キラリモチ」もち麦の通販サイト

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

ところで、玄麦ってなに?

お米を精米する前は「玄米」といいますが、麦を精麦する前は「玄麦」といいます。

米食と混ぜる玄麦って、どれでもいいわけではないのでご注意くださいね。

玄麦にも種類が色々あって、炊飯して美味しいのはもち麦の玄麦」です!

玄麦ってまだ一般的じゃないですが、マクロビ実践中の方はご存じのかと思います。

 

玄米・玄麦の炊き方

玄米と玄麦の割合ですが、玄米1合に対して、玄麦は10~15gが私はおすすめします。

f:id:mosataru:20190613222741j:plain

玄米1合に対して、10gの玄麦です

①、1合に対して15gまでなら、水は玄米の水加減のままで私は丁度いいと感じますが、お好みで加減して下さい。

 

②、1合に対して塩を1g入れるとほんのり味がつきます(無しでも可)

 

③、あとは、いつのも玄米モードで炊飯するだけです!

 

ちなみに、小豆を入れなくても美味しかったです。

今回、写真撮影のためにシンプルに玄米と玄麦だけを炊飯しましたが、小豆なしでも美味しいじゃん!と家族に好評でした!

 

どんな食感なの?

寝かせ玄米を食べたことがある方は、3日寝かせた玄米のモチモチ感は常識だと思いますが、そのモチモチ感に時々「ぷちっ」っとはじける玄麦に出会うんです(笑)

もうね、口の中が楽しいです!!

わざわざ玄麦を探して食べてしまうほど・・・

噛めば噛むほどにうす塩も感じる美味しさで、おかずなしでご飯が進むって感じです。

玄麦入れない寝かせ玄米なんて、ありえなくなるはずです(笑)

f:id:mosataru:20190613222801j:plain

f:id:mosataru:20190613222818j:plain

玄米モードで炊飯

写真上が炊き立て、下が翌日です。

分かりづらいかもしれませんが、線が入っているのがもち麦になります。

玄米は炊飯直後は皮を感じますが、時間と共に「皮が破れてくる」のに対して、玄麦は崩れなかったです!

 

このおかげで、寝かせ玄米にしても、玄麦はプチプチ感を維持しているんですね(すごい) 

 

精麦したもち麦だとダメなの?

我が家でも週に一度は「寝かせ玄米」を作りますが、一度だけ精麦したもち麦を混ぜて炊き上げたことがあるんです。

結論から言うと、玄米を寝かせている間に、もち麦がダラダラになってしまい・・・、食感が全然ダメでした(汗)

もしかしたら、もち麦の中でも「もち性」のもち麦以外ならできるかもしれまし、寝かせずに玄米を食べる場合はいいかもしれませんが、

寝かせ玄米に「精麦したもち麦」は相性悪いです。

 

玄米と玄麦の魅力

マクロビ的な考えでは、「皮つきを食べましょう!」だと思いますが、

玄米と玄麦で食べる最大の魅力って水溶性食物繊維不要性食物繊維を丸ごと摂取できることだと思います。

繊維のかたまりですもんね。

 

日本人は食物繊維が不足しているので、テレビの健康番組で「食物繊維」系がネタになるのだと思います。

毎日食べる主食で繊維が補えるのは、大きな魅力です!

 

米食は「よく噛んで食べる」ことが必須ですが、ここに玄麦のはじけるプチプチが加わると、噛むことが楽しくなりますよ(笑)

 

米食新しい発見だったので、情報を共有したくてブログにしました。

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)