10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

A&W那覇空港店はアメリカン沖縄の雰囲気、もっちりポテトは外せない

【スポンサーリンク】

A&W那覇空港

f:id:mosataru:20190808100234j:plain

A&W那覇空港

那覇空港の3階にあるアメリカン雰囲気のA&W那覇空港店のカウンターの写真です。

 

沖縄の人は幅広い年齢に支持される「レストラン」なんです。

A&W→エーアンドダブリューではなく、

「エンダー」と呼びますので沖縄滞在中はエンダーと呼んで下さい!

ファーストフード店というより、レストランに近い感覚で食べに行きます。

 

食事の価格帯としては、ファーストフード感覚だと少し高く感じると思いますが、レストランと思うと、セットにしても1000円でおつりがくるので、空港価格としては高くないと思います。

 

A&Wは県内にドライブインレストランとして数店舗ありますので、空港で食べるタイミングがない方は路面店を利用して、ぜひアメリカン沖縄を味わって下さいね。

www.awok.co.jp

 

エンダーの目的は「ポテト」です

私と子供たちがA&Wに行く理由、それは「ポテト」です!

このポテトを食べるためにA&Wに行って欲しいと思うほど・・・。

店内で食べる時間がない時や、満席で席の確保が難しい時は、ポテトだけテイクアウトして搭乗手続き前の待ち時間に食べています。

f:id:mosataru:20190808100955j:plain

A&Wとといえばポテト

一度マッシュにしてから油で揚げているので、

外はカリカリ、中はもっちり!ほんのり甘く感じます。

塩ではなくケチャップで食べるのが一般的です!

 

機内に持ち込まず、アツアツを!

以前、機内でお昼に食べようと持ち込んだことがあるのですが、匂いが袋越しにも分かるので、機内で広げることを断念・・・。

蒸れて冷めたポテトは美味しくないので、アツアツのうちに食べることをお勧めします。

 

料理の基本、

「熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに」だと思います。

 

ポテトの次のおススメは

ポテト目的でA&Wに行きますが、一緒に頼むの「ハムチーズサンド」が一番飽きがこなくて、食べやすいです。

f:id:mosataru:20190808101107j:plain

f:id:mosataru:20190808101221j:plain

ハムチーズサンドセット

子供二人と私の3人で食べるので、ポテトとオレンジジュースをサイズアップしましたが、空港の色んなところでつまみ食いしているので丁度いい感じな量でした。

 

オレンジも酸味がないので飲みやすく、子供にはおすすめです。

A&Wといえば、「ルートビア」が有名ですが、私はどうもサロンパスの味に感じて苦手です(汗)

身体にいいハーブの味らしいし、好きな人は缶のルートビアをお土産にするほどなので、気になる方は挑戦して下さい。

旅の話のネタになると思います。

ちなみいに、ルートビアはお代わり無料です(笑)

 

子供の頃から、色々食べてきて最後にたどりつくのは「ハムチーズサンド」でした。

さっぱりしていて、酸味の少ないマヨ味、

パンも表面も薄く焼いてあって、しっとりした食パンです。

朝食にも合います!

f:id:mosataru:20190808101009j:plain

ハムチーズサンド

 

若い頃は、お肉がっつりハンバーガーやオニオンフライも好きでしたが、今はシンプルなハムチーズサンドが一番美味しく感じます(笑)

注文時に頼めば半分に切ってもらえるので、味比べシェアを楽しめますよ!

 

私、個人的にはケンタッキーのフライドチキンより、A&Wのフライドチキンの方がカリカリで好きなんです。

注文してから作るので、お時間に余裕がある方でガッツリ食べたい方はサイドメニューの参考にしてください。

 

飛行機の離着陸を見ながら

f:id:mosataru:20190808100947j:plain

滑走路が見えます

 

店内では滑走路が目の前なので、旅の思い出にひたるもアリかと。

子供たちは飛行機好きにはおススメな場所だと思います。

ただ、店内の空調は寒いくらい効いているので、長いするには「さむっ」となるかもしれません。

私の子供たちも冷たいジュースも飲んでいるので、「だんだん寒くなってきたー」といいだして、長居はできませんでした(汗)

 

最後にベルを鳴らしましょう!

f:id:mosataru:20190808100923j:plain

気持ちを伝えるベル

 

A&W那覇空港店には、カウンターの出入り口にベルがあるんです。

満足できた場合は、ぜひベルを鳴らして伝えましょう!

笑顔で働く店員さんもさらに笑顔になるはずです。

 

うちの子たちは食べてもないうちから、

早くベルを鳴らしたくて、早く食べてました(笑)

 

楽しい沖縄旅行の参考になれば嬉しいです。

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)