10歳までに身につけたい料理の楽しさ

キッチン育児は家庭でできる「習い事」です

7歳 体重が増えない・・・。14kg、少食の娘の栄養不足は大丈夫か?

【スポンサーリンク】

 

 7歳の誕生日で14kg

2274g、逆子のため帝王切開で生まれた娘も、早いもので小学一年生の夏休みを過ごしています。

夏休み中の8月に7歳の誕生日を迎えました!

体重は、なんと14kg台・・・、チーンですよね(笑)

7歳を迎えても、相変わらず少食すぎなんです(汗)

 

生後10か月検診で6kgだったため「体重増加不良」と診断されて、1歳半検診直前まで毎月小児科を受診していました。

 

食べさせるための工夫は、考え付くことは全て行っていました。

でも、食べないものは食べないんです!

あっという間の7年でした(笑)

7年も食べない子の親をしていて、私もだいぶ強くなったと思います!

 

このブログをネット検索でご覧になっている方なら、同じ悩みをお持ちだろうから、理解してもらえると思いますが、小学校一年になるのに外食しても、まだ私の取り分けで足りるほど・・・。

お友達とランチすると、ガツガツ食べる子供たちがうらやましくなります。

娘と食べたいメニューが違ったら、私がガマンになるし(涙)

 

私が必死になるほどに食べない娘

親としてダメだと言われているようで、必死になって食べてもらおうと頑張った時期もありましたが、私が頑張るほどに親子でプレッシャーになり、私も娘も食べる事が「義務」に感じる時期がありました。

 

そんな娘も、自分が他のお友達より小さいこと、少食なことをちゃんと理解しています。

私も、離乳食の頃より、少食だけにカルシウムと鉄分だけは意識していて、娘もドラックストアなどのサプリコーナーなどを見るのが好きなようです(笑)

 

もちろん、サプリに頼ることなく食べ物から補えるのが一番だと理解していますが、「空気で生きているのか?」と思うほど少食なんです。

 

小さくても丈夫であってほしい

体重が軽くても、身長が小さくても、丈夫に育ってくれたらいいや!と今は思えるようになりました。

 

これまでも、カルシウムやDHAなど少しでも足しになるならと、サプリなど購入してきましたが、「にこにこカルシウム」は美味しいそうです!

このサプリは「ラムネみたいで美味しい」と言っています。

 

 

娘にとって大切な成分かも!と思うと私は1粒も食べていませんが、ちゃんとイチゴの匂いはするので、確かにイチゴ味だと思います(笑)

 

サプリに頼ってもいいじゃん!

サプリを飲んだからと言って、大きくなるものではないことは重々理解していますが、もしかしたら、サプリのおかげで体重は増えなくても、身長は伸びてくれるかも!と期待しながらあげています。

 

食が細い子が「自分から食べたい」と言ってくれるものは、食事でも、お菓子でも、サプリでも、何だって嬉しいものです!

 

この感覚は、成長曲線が平均に進む子供のママたちには、理解できないと思いますが・・・。

私と同じように我が子が少食で、サプリで補いたいとお考えで、まだ決まったサプリに出会えていないなら、試す価値ありだと思います。

 

今、小学一年の夏休み最中ですが、緊張から解き放たれたのか、体重が14.8まで増えてきました。

でも、夏休みが終わると・・・、

きっと、「はぁ・・・」って感じで減るんでしょうね。

 

よく、料理のお手伝いをすれば、食べるようになると言われていますが、多分、少食な子供には当てはまりません!

娘は2歳から料理を教えていて、けっこう戦力になるほどの腕前ですが、食べませんもん(笑)

 

少食でも、体重軽くても、子供が元気であればOK!

少食の子の親として、笑顔で過ごしましょう!

 

ニフェーデービル

(沖縄でありがとうの意味)